ベーシック講座説明会

Association Business Basic Course explanatory meeting
協会ビジネスベーシック
講座説明会とは

たった90分で!年商3000万円の協会ビジネスの実例を解説

協会ビジネスベーシック講座説明会は、「協会ビジネスの実例」を90分で説明するセミナーです。

協会ビジネスは、「新・家元制度」という「人材育成システム」を構築することで、「社会に貢献しながら、収益を伸ばす」ことを可能にするビジネスモデル。

協会ビジネスを実践することで、協会設立から3年以内に年商3000万円を売り上げる協会を構築することも可能です。

協会ビジネスの真髄を学んでいただくためには、まず「協会ビジネスベーシック講座」を受講していただく必要があります。

協会ビジネス構築に必須の9ステップを惜しみなく公開!

協会ビジネスベーシック講座説明会は、90分という短い時間で、協会ビジネス構築に必須の9つのステップを公開します。

説明会で解説する9つのステップを説明会でご案内した手順通りに実践していただくことで

  • 1. 理念に共感する仲間を作る
  • 2. 集客し続ける必要がなくなる
  • 3. 講座の単価を10倍にする
  • 4. 活躍する講師を育成する
  • 5. 後継者を育成する
  • 6. 安定して収益を生み出す
  • 7. 3年で年商1億円のビジネスを作る

を実現することができます。

あなたのセミナービジネスがうまくいかないたった1つの理由

協会ビジネスを選ぶことが解消の最短ルート

「協会ビジネスといっても、要するにセミナービジネスの延長でしょう?」

と感じる人が多いのも事実です。

しかし、協会ビジネスはセミナービジネスとも講座ビジネスとも違います。

セミナービジネスで成功していない人の90%が知らないたった一つの真実を、難なくクリアーしているのが協会ビジネスなのです。

セミナービジネスで成功しない人が知らないたった一つの真実、それは、「集客に追われている限り、セミナービジネスは成功しない」ということ。

セミナービジネスの売り上げは、『講座単価×受講生数×リピート数』で決まります。セミナービジネスは、一度きりの受講生が多くリピート率が低いです。そのため、大半のセミナー講師は「いかにして受講生数を増やすか」に日々頭を悩ませています。

協会ビジネスでは、協会を立ち上げた初年度年商1000万円を目標としています。これを講座単価が1万円のセミナーで達成するためには、月間80名以上、年間1000名を集客する必要があるのです。

年間1000名の集客は、知名度の低い一般の人には不可能といっていいでしょう。

そこで協会ビジネスは、「受講生を増やす」よりも「講座単価をあげる」ことで、あなたの収益を爆発的に伸ばすのです。

「高額でも受講したい!」と思えるベネフィットの提供方法を伝授

「講座単価をあげる」といっても、一般的なセミナービジネスで講座単価をあげることはそのまま死活問題に直結します。
普通の講座では、単価が上がった分に見合うだけのベネフィットを提供することができないからです。

協会ビジネスは、「認定講師を作るための講座」を提供することで講座単価をあげます。
認定講師とは、あなたのノウハウやテクニックを「教える」人のこと。

講師業を食べる手段にしたい人と対象に「認定講師」を育成することで、「一生もののスキルを身に付けたい」という意識の高い人が集まり、高い講座単価でも受講する人が集まります。

協会ビジネスベーシック講座説明会では、講座単価20万円以上の講座モデルを作り、年間50名の受講生を集める方法を伝授します。

志が高く行動力があり起業しているあなたのための講座です
まだ起業していない方・方向性の決まっていない方はご遠慮ください

協会ビジネスベーシック講座説明会の参加対象になるのは、すでに起業している方です。

具体的には、

  • ● すでに講座ビジネスを行っていて協会設立により全国展開を目指す年商300万以上のセミナー講師やコンサルタント、士業、専門家の方
  • ● 年商1,000万円は超えているが、継続して収益を上げるモデルを求めている講師
  • ● 出版し活躍しているがコンテンツビジネスからの脱却を考えている著者
  • ● 地方発のビジネスモデルを全国区にしたいと思っている起業家
  • ● 自分の理念、目的を達成するために協会ビジネスを取り入れたいと思っている起業家
  • ● 自社に教育ビジネスを導入することで業界No1を目指す企業

が対象になります。

協会ビジネスベーシック講座説明会は、セミナー中にワークショップを取り入れた実践的なセミナーです。
「起業したい」と考えるだけでまだ起業していない方や、まだ自分がどんなビジネスをしたいのかわからない人には向いていないのです。

講座日程はこちら