実践会

あなたが協会ビジネス実践会で得る3つの資産

実践会には12年間培われてきたノウハウと経験談があります

協会ビジネス実践会は

『年商1億円の協会を200協会、世の中に輩出する』

ことを目的にして活動しています。

協会ビジネス実践会では、この目的を達成するためにすでに活躍している協会の理事長が会員となり、実践的な協会運営のやり方を共有し学ぶ場所を提供しています。

あなたは、協会ビジネス実践会で3つの資産を得ることができます。

  • ・理念と収益を両立させる協会ビジネスの作り方
  • ・業種別の成功例・失敗例の共有
  • ・仲間と切磋琢磨し合う場

協会ビジネスが世に出て12年、その間に培われたノウハウと実践例を惜しみなく提供し、自分の協会用にカスタマイズしていく場所が実践会なのです。

独力の協会ビジネスが失敗する2つの理由

理念と収益の両立ができないとき協会ビジネスは失敗する

協会ビジネスは、株式会社やNPO法人の運営よりも歴史が浅いビジネスモデルです。
それゆえに、先人たちの知恵の量が圧倒的に少なく、なかなか手に入りません。

独力である程度うまくいっていた協会ビジネスが、壁にあたり失敗してしまうケースが多いのもそのためです。

そして、失敗していく協会ビジネスの多くが2つの理由によって失敗していっています。
協会ビジネスを失敗させる2つの理由は

  • 1. 理念・道徳がなく、利益追求に走る
  • 2. 益を考えず、理念・道徳のみに走る

この2つです。

「お金が儲かりそうだから、協会ビジネスを始める」
「社会に貢献できる素晴らしいことなので、無給でもいいから普及させたい」

お金が目当ての団体には、お金を目的としたしか集まりません。
また、どんなに素晴らしい活動でも採算を度外視した事業は、ビジネスとしての持続性に欠けるのです。

あなたの成功のために私たちのノウハウを共有させてください

理事長がもつ疑問・不安を実践会で解消することができます

あなたは、協会運営の際にこんな疑問を持っていませんか?

  • 1. どのように理念を協会に浸透させたのか?
  • 2. 協会の収益構造はどのようになっているのか?
  • 3. どんな集客方法で0期生を募集したのか?
  • 4. 0期生募集のランディングページの作り方は?
  • 5. カリキュラムは、0期生を募集するまでに完璧に作れたのか?
  • 6. 0期生と1期生の違いは何か?
  • 7. どうやって2級講座と1級講座のレベルの違いを出すのか?
  • 8. 何をマスター講座で教えるのか?
  • 9. 認定講師対象の勉強会を開催する意味は何か?
  • 10. 活躍する認定講師の育成方法は何か?
  • 11. どのように認定講師が集客する仕組みを作っているのか?
  • 12. 実際のテキストと指導マニュアルを見たい
  • 13. HP作成時に注意すべきことは何か?
  • 14. HPを作り直すタイミングはいつが最適か?
  • 15. 初年度で年商1000万円をクリアするために必要なことは何か?
  • 16. 事務局はどのようにして育成したのか?
  • 17. 集金する仕組みはどうなっている?
  • 18. 運営会社と協会の役割分担は?
  • 19. 会員システムの作り方は?
  • 20. 認定講師との規約を締結する時の注意点は?
  • 21. 協会が主催するアワード、シンポジウムの効果は?

これら21個の疑問に代表される、協会ビジネス運営上のつまづきは、実践会に来ていただくことで全て解消します!

協会ビジネス実践会は「学びを実践する場」を提供します

これまで協会ビジネス推進機構が指導してきた協会のうち、12の協会が年商1億円を達成しています。

協会ビジネスのシステムの理論を実践し、さらなる飛躍をするためには、理論に経験則をプラスし、自分なりにアレンジして展開していく力と、それを実践する場が必要なのです。

協会ビジネス実践会で、3年で年商1億円を達成するビジネスモデルを学び、あなたの協会に適用していってください。

「業界No.1になる」「年商1億円を突破する」という高い志を持った仲間と共に切磋琢磨することで、あなたの協会を発展させていきましょう!

8月24日(木)の講師は
一般社団法人 知育玩具協会
藤田 篤 代表理事 です。

1966年青森県弘前市生まれ。北海道大学で発達心理学を学ぶ。 卒業後、大手繊維メーカーに勤務するが、絵本の読み聞かせを普及させたいと志し、退社。
絵本の普及活動を始める。

「保育室崩壊」に直面していた保育士と共に、絵本で子どもを救いたいという思いから、保育園での読み聞かせ指導をはじめる。
以来、15万人の子どもたちに読み聞かせを実践し、クラス全員が心を合わせて、想像力を伸ばす、「魔法の読み聞かせ」を指導を続けている。

一方、長男の誕生をきっかけに、「よいおもちゃとは、何か」の追求に目覚め、スイスやドイツのおもちゃと出会う。
E.H.エリクソンの精神分析理論に基づいて、おもちゃを与えるメソッドを開発し、子どもたちの想像力、コミュニケーション能力が飛躍的に伸びることが実証されるようになり、以来、講演、研修依頼が殺到。

2004年「おもちゃと絵本のカルテット」を愛知県刈谷市にオープン。
同時に、児童精神科医・佐々木正美氏と共に「幸せな子育て」を拡げるための勉強会を主宰。

その傍ら、ドイツのおもちゃメーカー、や教育現場・保育現場への視察研修を実施。
国内では、市町村、幼稚園、保育園などから依頼される講演、研修は、毎年250件を越える。
著書「子育てを感動にするおもちゃと絵本」は読みやすく絵本とおもちゃの与え方を分かりやすく解説した子育ての手引書として、高く評価されている。二児の父。

Good toy! Good life!  
   よいおもちゃのメソッドで、日本中を幸せに

★ 一般社団法人 知育玩具協会
HP http://edu-toy.or.jp/

よいおもちゃの
与え方のメソッドで
日本中を幸せに

という理念のもと、知育玩具の正しい選び方、与え方を広める認定講師を育成するために日本知育玩具協会は設立されました。
知育玩具インストラクター資格認定講座は、児童精神科医 佐々木正美先生の E.H. エリクソン・ライフサイクル理論に基き、子どもの発達段階を理解し、ドイツ・ ヨーロッパの幼児教育の元で生み出される上質のおもちゃによって、子どもたちを創造力・知性・社会性豊かに育成する メソッドを習得する講座です。

このメソッドを子育ての柱として、日本中の親子を幸せにし、社会に貢献する資格・職業として普及することを目指して作られました。

講座日程・

お申込みはこちら